社歴

人が住んでいる中心街に住んだり近づいたりすることが許可されず恒久的定住も許されなかったシトー修道院の修道士によって発展した生産活動は、葉タバコ栽培と同じく周辺地域に対して高い敬意を払いキアラヴァッレの発展に強い刺激を与えました。キアラヴァッレで誕生し1990年代後期に生産された最も有名な噛み煙草である「SUN DI SPAGNA」、1833年から1969年まで生産された「トスカーナ」、1964年後半に生産された「Scaglietta Rossa(パイプ用)」は、キアラヴァッレや起因・その他の技能・産業活動の誕生を可能にしたこのような開発環境に与えました。

1841年、ロレートから戻ったグレゴリオ16世が工場を訪れるために向かったほど教皇領の花になっていました。1860年、工場はイタリア王国に置かれました。1861年フィレンツェでイタリア統一後初めての葉タバコ展示会の折、工場の噛み煙草とシガーが受賞しました。葉タバコ製品の初テストは1873年まで遡ります。1881年、生産性を増強するために、シガーの葉を濡らし乾燥させる工程を拡張しました。


第二次世界大戦の最中、工場は巨大な被害を経験し、修復作業が必要でした。そしてその作業は1980年後半まで複合設備のさらなる開発へと進みました。2007年、国家独占販売制が民営化された後、その複合施設は、高品質な葉タバコ製造におけるイタリア企業のベンチマークに返り咲くことを目標に掲げMIT SPAが獲得します。19世紀、建物は、工場で雇われた女性のシガー製造人の作業やとても活気がある慣習を創ったおかげで、労働経済の基準点や都市産業共同体のシンボルになります。しかし、実際の事業はマケドニアの生産が1922年に始まり、1935年に国家独占自治庁の下ローマ葉タバコの生産を続けていました。

今日、「Manifattura Italiana Tabacco S.p.A:マニファトゥーラ・イタリア・葉タバコSPA」はマルケ州の増進と国際水準での「Made in Italy」の促進が要となる他に類を見ない企業のうちの1社であり、優れた品質のイタリア産葉タバコの研究に従事しました。2010年、マニファトゥーラ・イタリア・葉タバコは葉タバコの優秀さを賞する高名なゴールデンリーフ賞を受賞しました。

 

LA MANIFATTURA PIU' ANTICA D'EUROPA CONTINUA A PRODURRE I SUOI MARCHI MADE IN ITALY

L'azienda Manifattura Italiana Tabacco informa Operatori, Tabaccai e Consumatori che sta continuando la produzione nella storica Manifattura di Chiaravalle per soddisfare le richieste del mercato italiano con la qualità che l'ha sempre contraddistinta. Ci scusiamo se alcuni prodotti hanno subito, negli ultimi mesi, problemi di reperimento, impegnandoci a ripristinare quanto prima la loro normale distribuzione.

info@mitspa.it