私たちのプロジェクト

葉タバコの栽培サイクルは、小さな種を撒くことから始まり葉の熟成で終了します。

毎年3月、苗木の芽吹きを促進するために種は苗床(例:大気中の作用剤から守られる用地)に入れられます。開けた土壌では成長や発育できない場合があります。

苗が高さ約5.9インチになり小さな葉が生ってくると、移植し植え付ける時期の到来です。お互いの苗を1m離して縦列に分けられます。苗木は19.7インチ間隔で配置されます。

葉タバコの高さが約15.7インチになると、窒素を使って敷き肥が行われ、1mを超えた時に苗は美しい紫色の花を咲かせます。葉の成長を邪魔するのを防ぐため花は取り除かれます(摘花)。 7月下旬から8月上旬にかけて葉の収穫が行われます。既に前述しましたが、低い葉から始め、少し時間を置き中間の葉(柄の中心に位置する)を摘み、9月にかけて高所の葉(一番上)を摘みます。

収穫される全部の葉は、それから様々な方法で乾燥されます:温風のドライヤー(バージニア葉タバコ)またはエアー熟成(バーレイ葉タバコ)。後の段階で、葉タバコは包装され製造準備工場へ送られます。

Coltivazione di tabacco in Sardegna

葉タバコの原産地に代わり葉タバコの成長が自国にある多くの州の経済社会発展において強力な要因になった事実に気付くManifattura Italiana Tabacco S.p.A:マニファトゥー

ラ・イタリア・葉タバコSPAは、葉タバコの生産ラインがそのルーツにリンクされるべきものであり、しっかりと領土に定着されるべきだと考えています。 ここからは、初めての場所で小規模ながらも傑出した生産をするために、この大切な作物を再販するにあたり一番適した方法で「葉タバコの栽培文化」を宣伝するアイデアをご紹介します。

事業はイタリアの葉タバコ文化の深い知識(原産種子を復活させるのに相応しい地域や環境条件など)の結果です:社会文化的な変数、すなわちこの地域の復興作業に進んで投機する聡明な人々の土地においてなくてはならない存在の分析も必要とされます。葉タバコの栽培は、必要とされる調整作業の多くを機械化するのが困難な為(多くの労働者が必要です)、継続的な熟成を目的としてほとんど排他的に国内の山の背で行われます。


事業の最初の段階は、理想的な土地の確認が必要です。土壌はその気候特性があるため産出量と葉タバコの品質に影響を与える場合があります。葉タバコはあらゆる種類の土地で育成できますが、製品品質に結びつくのはほとんど独特な特性を保有する特定の土壌のみです。量的且つ質的に文化・気温・湿度・採光期間や強度に影響を及ぼす気候要因は、ものすごく重要です。 土壌を選び、必要な経験を持ち事業に参加するのに興味がある農家であるか確認されましたら、上述したように全体的な葉タバコの栽培サイクルの管理という意味で運用段階を開始します。 実験用事業は約2年続き、マニファトゥーラ・イタリア・葉タバコのメンバーである科学技術の専門家がその全ての段階をフォローし管理します。2年目の終盤には、最初の植物と著しく異なる特性を持った「地方変種」を手に入れられます。

選ばれた土地で生まれ成長した葉タバコは、それを使用する際、製品にユニークでオリジリティーが備わる独自の特性を手に入れるでしょう。

提案した方法は、新しい地元の農業事業家精神の創造を通じて社会と経済の復興に適応させた「地方の土地開発」のモデルケースです。

事業におけるマニファトゥーラ・イタリア・葉タバコの役割は、生産ラインの全体を高いレベルで管理するために、葉タバコの全生産段階を行うであろう農家での研修を提供し、農家の知識や技術の共有を図ることです。


事業開発地域は、葉タバコが歴史的に成長された場所か、または様々な厳選した葉タバコ(バージニアやバーレイ)の一番良い条件を満たす場所かどちらかになります。

まだ観察中だけども、好ましい気候条件のため選ばれた用地は、葉タバコ栽培に専心するモンテルポーネ(マチェラータ)のエリアです。実際、用地選択は重要です。地域の地元の農家や所有者の生物学的な栽培分野では強固な経験です。

他の興味深い地域は、サルデーニャで確認されました。葉タバコは1950年代終わりまで島で栽培され、土地をこの種の文化のために取っておいた農家にとって大切な経済資源でしたが、カリャリ工場の閉鎖後全てが無駄になりました。

他の主要な葉タバコの原産植物復活計画は、プッリャ州・カンパニア州・ウンブリア州・ヴェネト州で開始段階にあります。

既に開始されていた事業
開始段階にある事業


 

LA MANIFATTURA PIU' ANTICA D'EUROPA CONTINUA A PRODURRE I SUOI MARCHI MADE IN ITALY

L'azienda Manifattura Italiana Tabacco informa Operatori, Tabaccai e Consumatori che sta continuando la produzione nella storica Manifattura di Chiaravalle per soddisfare le richieste del mercato italiano con la qualità che l'ha sempre contraddistinta. Ci scusiamo se alcuni prodotti hanno subito, negli ultimi mesi, problemi di reperimento, impegnandoci a ripristinare quanto prima la loro normale distribuzione.

info@mitspa.it